孤高の浮き云歌詞

作詞:三井秀樹
作曲:佐橋俊彥
編曲:佐橋俊彥
歌手:近藤隆(云雀恭彌)、KENN(ディーノ)
家庭教師云雀恭彌角色曲

何?ふん、仆は群れるのは嫌いなんだ。【什么?哼,我最討厭群聚了。】
何?あの草食動物について?【什么?有關那個草食動物?】
ふん、強かったり弱かったりよくわからない。【哼,真搞不懂他到底是弱還是強。】
でも群れるなら。。。【不過,群聚的話。。。】
風紀を正すのが風紀委員の仕事だからね。【因為整頓風紀是風紀委員的工作嘛。】
うるさいね、咬み殺すよ【吵死了,全部咬殺】
またかい?仆の學校で何しんの?【又來了?在我的學校做什么?】
フン、あの赤ん坊かい?【哼,那個嬰兒嗎?】
彼は強い。素晴らしいよ。またいつか勝負したいな。【他很強。太美妙了。希望某天能再和他決一勝負。】
ん?まだ何かあるの?咬み殺すよ。【嗯?還有什么嗎?咬殺你哦。】
Dino/ディーノ/迪諾:云雀恭彌、俺はツナの兄貴分でリボーンの知人だ。【云雀恭彌,我是阿綱的大哥及Reborn的熟人。】
云の刻印の付いた指輪について話がしたい。【想和你談談有關云之指環的事情。】
云雀恭彌:ふーん、赤ん坊の。。。【哼,那個小嬰兒的。。。】
じゃあ強いんだ。【那么你很強咯。】
仆は指輪の話なんてどーでもいいよ。【指環的事情怎樣都可以。】
あなたを咬み殺ろせれば。【只要能咬殺你的話。】
真剣にやってくれないと。。。この指輪は舍てる?【不認真跟我打的話。。。我會丟掉這枚戒指哦。】
Dino/ディーノ/迪諾:わーったよ。じゃ、交換條件だ。【我知道啦。那么,交換條件。】
真剣勝負で俺が勝ったらおまえにはツナのファミリーの一角を擔ってもらうぜ。【認真打后我贏了的話,你就要加入阿綱的家族。】
云雀恭彌:勝てたらね。【如果你能贏的話。】
君、目障りだね。痛い目にあいたいの?【你很礙眼呢。想吃點苦頭嗎?】
フン。六道骸?奴には途轍もない貸しがある。【哼,六道骸?那家伙犯下了不可饒恕的罪。】
もう一度奴と戦いたい。【真想再跟他打一次。】
そして、今度こそ絕対咬み殺す!【然后,下次絕對要將他咬殺!】
何聞いてるの?咬み殺すよ。【你在聽什么?小心我咬殺你哦。】
赤ん坊は言った、この戦いに參加すればきっとまた奴と、六道骸と戦えるってね。【小嬰兒說了,參加這場戰斗的話,一定可以再次和六道骸對戰。】
云の守護者なんてどうでもいいよ。【云之守護者什么的怎樣都好。】
仆が「何ものにも捕らわれることなく獨自の立場からファミリーを守護する孤高の浮き云」?【我是「不受任何束縛,在個人立場上獨自守護家族的孤高浮云」?】
そんなの関系ないね。【那些事情與我無關。】
まだ居たの?咬み殺すよ。【還在嗎?咬殺你哦。】
綠たなびく并盛の【綠意昂然的并盛中】
大なく小なく并がいい【不大不小剛剛好】
いつも変わらぬ【總是在變化著】

搜索家庭教師更多《孤高の浮き云》歌詞信息

重庆山东时时吗