黃金の月歌詞

在線發布歌詞 來源:原創翻譯  所屬專輯 :

蜂蜜與四葉草歌詞

中文版:

我的熱情 現在
就像那應當流下的淚水 
變的冰冷
誰都能很好的
把自己偽裝
擁有力量 
重要的話語
說了無數次
吸入的氣息
在到達胸口的途中使用
不管用什么話語
能傳達給你就夠了
喊出的聲音
總是在半路上
不曉得何時
我們路過盛夏的午後
背負上黑暗了
在這淺淺的光亮中 
只用雙手探索著
就想要讓什事都能順利進行
你的愿望
和著我的謊言
在6月的夜晚里
我們用誓言永久的吻親吻對方
在夜空
畫出黃金之月吧
盡我所能地,聚集光亮、聚集光亮 
即使我的未來里沒有光亮
即使有誰在某處嘲笑我
即使你的明天扭曲的不像話 
即使我們無法再次獲得純真
我們也要在夜空里綻放光亮
即使沒有黃金之月

日語版:

ぼくの情熱はいまや 流したはずの涙より
冷たくなってしまった
どんな人よりのうなく 自分のことを偽そる
力を持ってしまった

大事な言葉を 何度も言おうとして
すいこむ息はムネの途中でつかえた
どんな言葉で 君に伝えればいい
吐き出す聲はいつも途中で途切れた

知らない間にぼくらは 真夏の午後を通りすぎ
闇を背負ってしまった
そのうす明かりのなかで
手をぐりだけで なにもかも うまくやろうとしてまた

君の願いとぼくのウソをあちせて
6月の夜 永遠をちかラキスをしよう
そして夜空に黃金の月をえがこう
ぼくにできるだけの 光をあつめて
光をあつめて...

ぼくの未來に 光などなくても
誰かがぼくのこどをどこかでわらっていても
君のあしたが みにくくゆがんでも
ぼくが二度と純粋を手に入そらたなくてま

夜空に光る 黃金の月などなくても

/uploadfile/200908/28/1747222485.lrc

搜索蜂蜜與四葉草更多《黃金の月》歌詞信息

重庆山东时时吗