キミ、メゲル、ボク歌詞

作詞:秦基博
作曲:秦基博
編曲:松浦晃久
演唱:秦基博

出會いとサヨナラ 風の中ではしゃぐ春の日には
多少相逢和離別 在這個和風之中 在春意盎然的日子里
パステルカラーも踴り出すよ さぁ 物語が始まる
淡淡的色彩也不禁翩翩起舞 那么 故事就此開始
すぐさま僕は 君のもとへ飛び出していくのさ
現在馬上 我就要飛奔到你身旁
待っていてよ 華やぐ街を 今 駆け抜けている
要等著我哦 現在就快步穿過繁華的街道
いたずらに絡まる運命 僕ら ずっと探してたんだ
糾纏于惡作劇般的命運里 我們一直苦苦追尋
そして今 二人出會えた きっと偶然なんかじゃない
而今 兩個人終于相遇了 這一定不會是偶然
このまま そばにいてほしい
就象這樣一直在你的身旁
薄紅色 舞い散る 君の頬を染めて 幾度も巡る
淡紅色輕舞飛散 染紅了你的面頰 不知幾度
君が好きだよ ときめくメロディが生まれてくるから
喜歡你 激動的旋律在心中生根發芽
戯れに花も咲く季節に 僕ら まだ蕾のままで
在花兒們爭相開放的季節里 我們卻還含苞未放
だけど今 信じているの 君を死んでも離さない
但是現在 依然堅信 要陪你到生命的盡頭
吹き荒れる嵐にも負けない
絕不會向無情的暴風雨低頭
二人生まれるその前から
早在我們出生之前
こうなることは決まっていたの
我們的緣分以是命中注定
いたずらに絡まる運命 僕ら ずっと探してたんだ
糾纏于惡作劇般的命運里 我們一直苦苦追尋
そして今 二人出會えた きっと偶然なんかじゃない
而今 兩個人終于相遇了 這一定不會是偶然
このまま そばにいてほしい
就象這樣一直在你的身旁

搜索惡作劇之吻更多《キミ、メゲル、ボク》歌詞信息

重庆山东时时吗